Wannabee 利用規約

株式会社阪神メタリックス(以下「当社」といいます)は、当社が運営するサービス「Wannabee」上で提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)のユーザー登録および利用条件等について、以下のとおり利用規約(以下「本利用規約」といいます。)を定めます。本サービスを利用するためには、本利用規約のすべてに同意していただく必要があり、本サービスを利用したときは、本利用規約に同意したものとみなされます。

第1条(本サービスの目的と内容)

本サービスは、会員が「プロジェクトオーナー」となり掲載したプロジェクトに対し、他の会員が「サポーター」としてそのプロジェクトに金銭の支援をする場を提供するものです。

第2条(定義)

本利用規約において下記用語は下記に定める意味を有するものとします。
(1)「ユーザー」とは、本利用規約を承認の上、当社が定める方法により本サービス利用を目的に入会を申し込み、当社がこれを承認した者を意味します。
(2)「プロジェクト」とは、本サービス上で提供される企画・商品などを意味します。
(3)「プロジェクトオーナー」とは、サービス上でプロジェクトを投稿し、実際に運営・管理などの責任を持つユーザーを意味します。
(4)「サポーター」とは、プロジェクトを支援するユーザーを意味します。
(5)「リターン」とは、プロジェクトの支援に対してプロジェクトオーナーから提供される商品またはサービスのことで、サポーターが支援した金額内で選択可能な無形または有形のもの等とします。

第3条(本サービスの範囲)

本サービスは、当社の運用するブログ、Twitter、Facebook、ニュースレター等の媒体を含みます。

第4条(ユーザー申込)

(1)ユーザーとなることを希望する者(以下、「ユーザー希望者」といいます。)は、ユーザーとなる本人がオンラインにより本利用規約を熟読し、その内容を理解したうえで当社所定の方法で入会を申し込むものとします。
(2)ユーザー希望者が未成年者である場合、親権者の同意を得た上で入会を申し込むものとします。万が一、親権者の同意のないことが判明した場合は、遡って会員としての資格を喪失するものとします。
(3)ユーザー希望者は、当社から、登録事項の確認、証明のための資料の提出を求められた場合には当社所定の期間内にこれに応じるものとします。
(4)ユーザー登録手続は、第1項の申込に対する当社の承諾をもって完了するものとします。ただし、以下に定める事由のいずれかに該当する場合、入会を認めない場合があります。また、入会を認めた後でも、以下に定める事由のいずかに該当することが発覚した場合には、入会を取り消すことがあります。
1.ユーザー希望者が実在しない場合
2.ユーザー希望者が既に会員資格を有している場合
3.ユーザー希望者が過去に、当規約違反等により、会員資格の停止を受け、又は会員資格の抹消が行われたことがある場合
4.入会手続きの際に当社に届け出た事項に虚偽、誤記又は記入もれがあった場合
5.ユーザー希望者が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋またはこれに準ずる者等、反社会的勢力に該当することが判明した場合
6.ユーザー希望者が当社またはユーザーに対し、脅迫的な言動もしくは暴力を用いた場合、法的責任を超えた不当な要求を行った場合
7.ユーザー希望者が、風説の流布もしく偽計・威力により当社またはユーザーの信用を毀損もしくは業務を妨害した場合、その他これらに類する行為を行った場合
8.その他、当社が不適切であると判断した場合

第5条(ユーザーアカウントの管理)

(1)ユーザーは、ユーザーアカウントを自己で管理する責任を負います。
(2)ユーザーは、ユーザーアカウントを第三者に利用させ、または譲渡・贈与もしくは担保設定その他の処分をすることはできません。
(3)ユーザーによるユーザーアカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負うものとし当社は一切の責任を負いません。
(4)当社は、ログイン時に使用されたユーザーアカウントが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ユーザーを真正なユーザーとみなし、それが盗用、不正使用その他の事情により、真正なユーザーではない者が利用している場合であっても、それにより真正なユーザーが損害または不利益を被ったとしても、一切責任を負わないものとします。
(5)ユーザーは、ユーザーアカウントが第三者にもれた場合、あるいはユーザーアカウントが第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。この場合、当社はそのユーザーアカウントを不正アカウントとして停止することができるものとします。
(6)パスワードの設定をしているユーザーは、定期的にパスワードを変更する義務を負い、その義務を怠ったことにより損害が生じても当社は一切の責任を負わないものとします。

第6条(ユーザーの利用)

(1)ユーザーが本サービスを利用して送受信する場合,同送受信内容は,ユーザー自らが責任を負うものとします。
(2)当社は,本サービスをユーザーにインターネットを経由して提供します。インターネットに接続するためのあらゆる機器、通信手段、ソフトウェア等は、ユーザーが自らの責任と費用において、適切に設置及び操作しなければなりません。同操作等について当社は一切の責任を負いません。
(3)ユーザーは,ユーザーのインターネット接続環境等によって,本サービスを利用又は閲覧するために通信費等が別途必要となることに同意し,同通信費等の一切を同ユーザーが負担するものとします。
(4)ユーザーは,ユーザーのインターネット接続環境等によって,本サービスの一部を閲覧又は利用できない可能性があることを予め了承するものとします。

第7条(メールマガジン等)

ユーザーは、当社が本サービスに関する案内、システムメンテナンスに関する告知、その他当社が適切と判断した情報を、Eメール等の手段によりユーザーに対して配信することを承諾するものとします。

第8条(届け出事項の変更等)

(1)ユーザーは、入会申込の際に当社に届け出た事項に変更のあった場合は、遅滞なく当社所定の様式により届け出るものとします。
(2)前項による届け出を怠ったことにより、ユーザーに損害が生じたとしても当社は一切の責任を負いません。
(3)当社からのユーザーに対する通知は、ユーザーが当社に申請した連絡先に発信することにより、ユーザーに通常到達すべきときに到達したとみなされるものとします。

第9条 (退会)

(1)ユーザーは、当社所定の手続きにより退会することができます。
(2)ユーザーが死亡した場合その他本人のユーザー資格の利用が不可能となる事由があったときは、当社は、当該ユーザーがその時点で退会したものとみなし、ユーザーアカウントを利用できなくするものとします。

第10条 (ユーザー資格の停止、除名)

(1)当社は、以下の事由がある場合、ユーザーに何ら事前の通知または催告をすることなく、ユーザー資格を一時停止し、または除名することができるものとします。
1.ユーザーアカウントおよび本サービスを不正に使用しまたは第三者に使用させた場合
2.ユーザーに対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生、会社更生、特別清算の申し立てがなされた場合または、ユーザーが自ら破産、民事再生、会社更生、特別清算の申し立てをした場合
3.ユーザーが、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋またはこれに準ずる者等、反社会的勢力に該当することが判明した場合
4.ユーザーが当社または他のユーザーに対し、脅迫的な言動もしくは暴力を用いた場合、法的責任を超えた不当な要求を行った場合
5.ユーザーが当社の指示に従わない場合
6.その他、ユーザーが本利用規約のいずれかの条項に違反した場合または違反するおそれがあると当社が判断した場合
7.その他、ユーザーとして不適格と当社が判断した場合
(2)前項に基づき、ユーザー資格を除名されたユーザーにつきましては、その名称及び除名理由を本サービス上に公表します。

第11条 (本サービスの停止)

(1)当社は、次の各号のいずれかの事由に該当する場合には、本サービスの一部または全部を停止することができるものとし、当該停止によりユーザーに損害が生じたときには、当社に当該損害につき故意または重過失がある場合を除き、一切責任を負いません。
1.本サービスの提供のための装置、システムの保守または点検を行う場合
2.火災、停電、地震、天災、システム障害等により、本サービスの運営が困難な場合
3.その他、運用上または技術上,本サービス提供の一時的な停止を必要とした場合、または当社がやむをえないと判断した場合
(2)当社は,前項の理由により本サービスの一時停止を行った場合において、本サービスの継続的な提供が困難だと判断した場合、第20条の規定にかかわらずユーザーに対して通知を行わず本サービスを終了することができるものとします。

第12条(禁止行為)

(1)ユーザーは、本サービスの利用にあたって、下記の各号のいずれかに該当する行為あるいはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
1.本サービスを不正の目的をもって利用する行為
2.他のユーザー、当社、その他の第三者の知的財産権、肖像権、パブリシティ権その他の権利を侵害する行為
3.他のユーザー、当社、その他の第三者の名誉もしくは信用を毀損し、またはプライバシーを侵害する行為
4.詐欺等の犯罪に結びつく行為
5.コンピュータウイルスなど有害なプログラム等を送信もしくは提供する行為、または推奨する行為
6.本サイト上で提供されるコンテンツおよびデータその他ソフトウェア等を改変、翻案、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルする行為
7.他のユーザー、当社、その他の第三者の情報を改ざん、消去又は許可なく流用する行為
8.他のユーザー、当社、その他の第三者の設備を不正に利用し、またはその運営に支障を与える行為
9.法令、本利用規約もしくはガイドラインまたは公序良俗に違反する行為、またはこれらの違反行為を助長する行為もしくはそれらのおそれのある行為
10.本サービスの利用に関して知り得た当社または他のユーザーの秘密に属すべき情報を開示、公開する行為
11.本サービスを利用して他のユーザーまたは第三者を他のウェブサイトに誘導する行為
12.本サービスの運営を妨害する行為
13.その他当社が不適当と判断する行為
(2)ユーザーが本利用規約に違反することにより、当社が何らかの損害を被った場合、当社はユーザーに対して損害(合理的な弁護士費用を含みます)の賠償ができるものとします。

第13条(当社の責任の範囲)

(1)当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に、コンピュータウイルスなど有害なプログラム等による損害を受けないことを保証しないものとします。
(2)当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切しないものとします。
(3)当社は、当社に故意または重大な過失がない限り、ユーザーの逸失利益、間接損害、特別損害、拡大損害、弁護士費用その他の本条に規定のない損害を賠償しないものとします。
(4)当社はプロジェクト実現後、発案者のプロジェクトが変更・中止され、最終的にプロダクトが製造または販売されない場合でも、金銭の返還や損害賠償といった一切の責任を負わないものとし、発案者は自己の責任に基づいて対処するものとします。

第14条(プロジェクトの提案と支援)

(1)本サービスでは、ユーザーがプロジェクオーナーとなり、プロジェクトを投稿することができます。
(2)プロジェクトに興味のあるユーザーは、サポーターとしてプロジェクトに金銭的な支援ができます。
(3)本サービスに掲載が開始されたプロジェクトは、原則として当社の判断以外に掲載を取り下げることはできません。ただし、当社がプロジェクトの取り下げ(以下、「ギブアップ」といいます)や変更を必要と判断し、これを書面により承認した場合にはその限りではありません。
(4)当社はユーザー間又はその他の第三間者における契約関係等、一切の関係に関し責任は負わず、万一トラブルが生じた際には、各ユーザー間又はその他の第三者間で解決するものとします。
(5)ユーザーがプロジェクトに対し支援を行った場合、支援を行ったプロジェクトの利用条件(プロジェクトごとに別途本サービス上で表示します)を理解し、同意したとみなされるものとします。
(6)本サービスを利用するユーザーは、本サービスの利用に関連して、課税が生じる可能性があります。当社は当該課税に関し一切関与しませんので、課税の有無や課税額等については、各自が、自ら専門家に相談する等、自らの責任で確認および対応するものとします。

第15条(リンクについて)

本ウェブサイトから、リンクやバナーによって他のサイトへ移動できる場合があります。移動された先のサイトは当社が運営するものではありません。したがって、その内容等については、当社は責任を負えません。

第16条(利用規約の変更)

(1)当社は、本利用規約をユーザーの事前の承諾通知なく、変更することができるものとします。
(2)ユーザーは,本サービスを利用する際,その都度,本利用規約の内容を確認するものとします。
(3)第1項に定める変更の後、本サービスを利用したユーザーは、かかる変更に同意したとみなされるものとします。
(4)本利用規約を確認しなかったことに起因する直接または間接に生じたユーザー及び第三者に与える損害については,その内容,態様の如何に係わらず,当社は一切の責任を負わないものとします。
(5)当社は、本利用規約の変更または廃止によりユーザーに生じた損害に関し、当社に当該損害につき故意または重過失がある場合を除き、一切責任を負いません。

第17条(秘密保持)

(1)本サービスで得た情報について厳に秘密を保持するものとし,第三者に開示しないものとします。なお、当該秘密保持義務は、ユーザーとしての地位が終了した後も負います。
(2)本サービスで知った秘密情報に基づく発明・考案・意匠等の成果については、特許出願、実用新案登録出願、意匠登録出願等の出願を行ってはなりません。
(3)秘密情報が第三者に漏えいした場合には、漏えいした当事者は相手方に対して、損害の立証を要することなく、金100万円を損害賠償として支払うものとします。 秘密情報の漏えいによって被った損害が前項の金額を超えるときは、漏えいした当事者は、相手方に対して、その超過額についても損害賠償するものとします。

第18条(会員からの個人情報の利用停止等の請求)

ユーザーは、当社の保有する個人情報の利用停止・訂正・消去を請求する場合は、当社は、各請求につき、個人情報保護法24条ないし第30条の各条に即して対応するものとします。

第19条(サービスの終了)

(1)当社は,ユーザーに対し14日前までに通知を行うことにより本サービスを終了することができるものとします。
(2)前項の本サービス終了の通知について、当社はユーザーに対して本サイト内への掲示をもって行うものとします。
(3)第1項の本サービス終了によって直接又は間接的に生じた、利用者又は第三者の損失や損害について,その内容,態様の如何に係わらず、当社は同利用者又は第三者に対して一切の損害の責任を負いません。
(4)本サービスが終了した場合には、本サービス上で投稿されているプロジェクトは全て中止するものとします。
(5)本サービスが終了した場合であっても、過去に本サービス上に投稿されていたプロジェクトを盗用したり、本サービス上のプロジェクトについて商標権・意匠権・特許権等の登録をすることはできません。

第20条(規定の効力)

(1)本利用規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該規定の無効部分以外の部分は有効とします。
(2)本利用規約の規定の一部が特定の利用者との関係で無効とされ、または取り消された場合であっても、本規約等はその他の利用者との関係では有効とします。

第21条(準拠法及び管轄裁判所について)

(1)本利用規約の解釈及び適用は、日本国法に準拠するものとします。
(2)本利用規約に関するすべての紛争は、神戸地方裁判所をもって専属管轄裁判所とします。