NEWS

  • Wannabeeが主催しております、『Nippon IdoL Cup』。Vol.2は3/24、無事に終了しました。

    決勝を6/2に行う予定ですが、詳細につきましてはまだ決定しておりません。

    決定しだいWannabeeにてお知らせ予定です。

    今しばらくおまちください。


  • Wanabee主催の「NIPPON IDOL CUP」レギュラー放送が決定しました!!

    2016年から、毎月収録イベント開催&2月から毎週BSスカパーにて放送です!


    次回のイベント詳細はこちら!


    日時:2016年1月29日 18時~22時(多少前後する可能性有)

    場所:豊洲PIT(東京都江東区 豊洲6丁目1−23)

    チケット価格:近日公開!

    司会、ゲスト:近日公開!

    出演アイドル:近日公開!


    こちら、近日Wannabeeにてプロジェクト開始いたします。


    総合司会や、審査員、ゲストアイドルもとっても豪華になりそうです!

    ご期待くださいませ。


    Wannabee運営部

  • この度、11月に東京体育館にて開催される「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2015 in TOKYO」においてWannabeeがサブステージ、および野外ステージに協賛することとなりました!!!

    つきましては、野外ステージにご出演していただけるアイドル様を募集いたします!!
    昨年は述べ1万5千人を動員した、日本でも有数の超メガイベント!!
    すでにビックなアーティストの皆さんの出演も決まっております!
    ご興味のある方は、是非応募のほどよろしくお願いいたします!!
    ※もしもしにっぽんURL:http://fes15.moshimoshi-nippon.jp/

    ▼ 詳細
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    日時:11/6(金)7(土)8(日)
    時間:6日 16時〜21時
       7日 12時〜21時
       8日 12時〜20時
    会場:東京体育館
    所用時間:ステージ20分前後、物販60分
    応募条件:オリジナル曲をお持ちの方
    締め切り:10/4 午前10時まで
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    ※ 出演可能な枠に限りがあるため、ご応募いただいてもご出演いただけない場合がございます

    たくさんのご応募、お待ちしております!!


    >エントリーする

  • オタクだって誰だって、なりたい自分になれる場所。


    Dmet idea (ディーメットアイデア)株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:河合敏彦)は、2015年4月1日、クラウドファンディングプラットフォーム「Wannabee(ワナビー)」をリリース致しました。

    クラウドファンディングプラットフォーム 『Wannabee』
    URL:http://wannabee.jp

    『Wannabee』は、みなさんがやりたい夢をかなえるため、なりたい自分になるため、そんな「Want to be」を実現するための手助けをするプラットフォームです。

    国内のクラウドファンディングサービスの中でも、「サブカルチャー」、「ユーザーと運営が一番近い場所」にこだわり運営していきます。また、支援者同士が話し合えるチャット機能を持ったスペース「ファンコミュニティー」を設けています。

    プロジェクト毎にファンがWeb上で集うことができるコミュニティー機能です。
    今までのクラウドファンディングサービスにはなかった、目玉機能の一つと考えています。
    従来のクラウドファンディングサービスでは、プロジェクトオーナーに対しては支援者が一方的にコメントや問い合わせをすることがほとんどでした。しかし、この機能を使えば、ファン同士でそのプロジェクトについて意見交換をすることができます。さらに、ファンコミュニティーは、プロジェクトオーナーからは見ることができないので、支援者の方は忌憚なくそのプロジェクトについて意見をすることができます。

    また、イベント開催のプロジェクトであれば、ファンだけでサプライズの準備等も出来てしまいます。
    あらゆる人に楽しんでほしい。WannabeeをさながらSNSのように使い、更なるイノベーションを生み出してほしい。そのような想いのこもった機能です。

    「ファンコミュニティー」以外にも、従来のクラウドファンディングサービスにはない機能を随時拡充して参ります。
    リリース時からある機能としては「LINE@」対応が挙げられます。
    これは24時間可能な限り、ユーザーのご質問・問い合わせに対応するものです。
    その他、「動画」「ブログ」「SNS」を効果的に活用することで、クラウドファンディング初心者の方でも安心してご利用頂ける、ユーザーの皆様との距離が近いサービスを目指します。

    ■リリース時に公開されるプロジェクト

    ・アイドル応援アプリ「やみつき」のフェスをやりたい!!
    アプリでアイドルを応援できるアプリサービス、その名も「やみつき」。
    ネットだけでなくリアルとの融合を目指すために、定期的に「やみつき」主催でフェスを開催します。
    記念すべき第1回目は都内某所にて豪華ゲストを招致し、フェスを開催いたします。
    超人気アイドルユニットも出演交渉中です。

    ・世界一のケータリング会社を目指すため、エアストリームが欲しい!!
    「PINTケータリング」は、日本一ひいては世界一のケータリングサービスを目指しています。
    様々な地域の方にケータリングを届け、感動と驚きをも届けるために「エアストリーム」という車が必要なのです。Wannabeeにて、その車の購入資金の一部を集めます。
    リターンとして、あなたの家までエアストリームでケータリングをお届けします。

    ■ Wannabeeの今後の展開について
    去年度の日本のクラウドファンディング市場は60~70億円と言われています。
    この数字は年々右肩上がりに増加しており、今年度・来年度には100億円規模になると予測されています。
    Wannabeeの一番のミッションは、クラウドファンディングというやり方の裾野を広げることです。
    まだ「クラウドファンディング」という言葉を知らない人に向けて、花火のように全方位発信で進めていきます。
    今年度で流通額1億円を目指します。
    サブカルチャーという括りで銘打っていますが、情熱と社会的意義のある発案であれば、どんなプロジェクトでもお受けする方針です。
    今、私たちが想定しているよりももっと、クラウドファンディングが盛り上がってほしいという本音もあります。

    今後もDmet ideaは、『情熱を持つ個人が活躍できる舞台を作ること』をテーマに掲げ、既成概念や既存のルールにとらわれない自由な発想によるイノベーションの創出を目指して事業を展開して参ります。

    【サービス概要】
    名称:Wannabee (ワナビー)
    URL:http://wannabee.jp
    文化的・社会的意義のある、「サブカルチャー」分野のプロジェクトを中心に取り扱うクラウドファンディングプラットフォームです。
    「クラウドファンディングを知らない人のためのサービス」をテーマに、国内クラウドファンディング市場の裾野を広げるサービスを目指しています。

    【会社概要】
    Dmet idea株式会社 (ディーメット アイデア)
    代表者:代表取締役 河合 敏彦
    所在地:〒651-0082 神戸市中央区小野浜町1-4
        デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)430号
    設立:2013年7月5日
    資本金:1,000万円
    URL:https://dmetidea.com

    <関連サービス>
    Dmet idea URL:http://dmetidea.com
    LABEL URL:http://dmetlabel.com



    花火のように全方位発信は、スタッフ的にもお気に入りです(゜-゜)

  • 以下の媒体などで取り上げて頂きました。舟橋がろくろを回している姿がご覧いただけます!


    ■Techable さん(http://techable.jp/archives/22925

    ■Fashion snap.com さん(http://www.fashionsnap.com/the-posts/2015-03-05/wannabee/

    ■ガジェット通信 さん(http://getnews.jp/archives/846979

    ■mixiニュース さん(http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3302736&media_id=160&from=news_search




    プロジェクトの支援者を募る、クラウドファンディングサイト。おなじみの「Kickstater」や「Indiegogo」を筆頭に、起業家デビューの登竜門として、すっかり定着した感がある。
    日本でもその存在は徐々に知られつつあるが、海外に比べると、まだまだ認知度は低い。次世代を担う事業誕生のために、どんどん浸透してほしい、と願うばかりだ。
    そんな中、デビューを待たれているのが、「Wannabee」というサイト。本格的なリリースはこれからで、現在ティザーサイトを公開中。サブカルチャーにフォーカスした視点、ユーザーと運営間のコミュニケーションにこだわったサービス内容には、これまでにない新しさがあり、期待度大だ。
    提供元は、アイディアプラットフォームで経験を培ったDmet idea。現役大学生でもあるWannabe運営代表の舟橋 啓(ふなはし ひろむ)氏が、これから始まるサイトの未来について、生き生きと語ってくれた。




    ☆YouTubeで動画を配信!認知度を上げる仕組みを提案☆


    Q1、御社ではすでに、「Dmet idea」というアイディアプラットフォームを運営されていますが、今回あえて別のクラウドファンディングサイトを開設したのはなぜでしょうか。

    きっかけは、より多くの人に、クラウドファンディングという手段について知ってほしい、と思ったことです。
    「Dmet idea」は、「モノづくりを一気通貫的にできる場所」ということで、クラウドファンディング×クラウドソーシングという手法を取り入れていたのですが、これは正直、仕組みが理解できないと、かなり難しいサービスなんです。
    クラウドファンディングサービスって、「Dmet idea」も含めて、世の中にざっと50~60個くらいあるらしいんですけど、その特徴はもちろん、存在を知っている人自体、かなり少ないと思うんですよ。どこかで見た統計なのですが、日本人の「クラウドファンディング」という言葉の認知度って、ネット調べのものでも20%くらいらしくて。
    その他の80%の人は、こんな面白いチャレンジの手段を知らずに過ごしているんだ!じゃあ、それをなんとかしたい!というのが、設立までの経緯です。シンプルに言うと、「Dmet ideaより簡単に、楽しく!」ですね。


    Q2、国内の他のクラウドファンディングサイトとの違いは、どこにあるのでしょうか。


    コンテンツとユーザビリティです。一番の特徴は、「動画」ですね。プラットフォームとして、定期的に動画を配信しているクラウドファンディングサービスって、日本には実はないんですよ。(中略)
    そのため、「Wannabee」では、Youtubeでチャンネルを作って配信することにしました。いつでもどこでも、誰でも無料で見られます、というのは、クラウドファンディングの裾野を広げる上で、大事なのではと思ったので。
    ユーザビリティとしては、SNS対応が挙げられると思います。LINE@のアカウントを開設し、サイトに設置することで、どんな気軽な質問でも24時間投稿できる仕組みを作りました。

    ☆国内クラウドファンディングの未来のため、サービスの充実を図る☆


    Q3、現在はティザーサイトを公開中だそうですが、スタートまでの流れと今後の展開について、お聞かせいただけるでしょうか。


    ティザーサイトは、どれくらいの需要があるかを見るため、設置しました。本サイト設置までに動画やスタッフブログ、SNSページなどのコンテンツを開放し、分析することで、どんなコンテンツが「クラウドファンディングを知らない人」に刺さるのか、模索しています。また、プロジェクト投稿もできるようになっているので、事前に集められたらいいな、と。
    私たちのサービスは、「クラウドファンディングを知らない人」のためのサービスです。今後、その層に向けてどのような発信ができるかが、鍵になると考えています。
    おそらく、各プラットフォーム運営の方も、考えられていると思うのですが、現在の市場規模では、日本におけるクラウドファンディングの成熟はありません。具体的な内容は、まだお話できませんが、パイを奪い合うのではなく、広げるという発想で展開していくつもりです。


    Q4、「Wannabee」を、どのようなサイトに育てていきたいとお考えですか?未来への展望について、お聞かせください。


    最初は収益度外視で(笑)。それは言い過ぎですが、ユーザーを成長させるために、初期投資は必要だと考えています。コンテンツの充実、プロジェクトの充実、そして提案の充実を柱に、誰が見ても「簡単で、楽しい」サービスに、育てていきたいですね。



    大変ありがたいですね!!!(ちなみにQ5とQ6がはしょられていたのは内緒)